葉酸サプリは飲んではいけない?!葉酸による副作用の脅威

-shared-img-thumb-PAK85_lalaonakaitaidesu20140321_TP_V

妊活中・妊娠中に必要不可欠とされている葉酸。
しかしそこには大きな落とし穴が?!

ここでは葉酸の副作用について説明していきます。

葉酸サプリには副作用が??

そもそも葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積される脂溶性ビタミンとは違って尿で排出されてしまうので副作用のリスクはほとんどありません

ただある条件を満たすと副作用のリスクが高まるのは事実です。

葉酸による副作用のリスクとは?

厚生労働省からも推奨されている1日における葉酸の摂取量は400μg(0.4mg)であり、
過剰摂取量は1000μg(1.0mg)以上となっています。

1日1000μg以上の葉酸を摂取する生活を送っていると副作用のリスクが一気に高くなります

葉酸の過剰摂取による副作用には以下のようなものが挙げられます。
・食欲不振
・吐き気
・不眠症
・むくみ
・かゆみ
・紅斑
・呼吸障害
・亜塩やビタミンBなどの吸収率低下
・発熱
・蕁麻疹(じんましん)
胎児の喘息(ぜんそく)リスク

葉酸の過剰摂取による胎児への影響とは?

上記の副作用リスクの中にも挙げた『胎児の喘息リスク』について、

オーストラリアで発表された研究によると、

妊娠後期(30週~34週)に葉酸を過剰摂取すると
胎児の小児喘息リスクが25%高まる

という報告があります。

ただここでよく勘違いされる方の中には、
妊娠後期に葉酸を摂取することがリスクと思っている方がいます。

あくまでも1日に必要な葉酸の摂取量を超えた過剰摂取を続けると胎児へのリスクが高まりますよということです。

 

また、普段の生活で通常の食事+葉酸サプリを摂ることで葉酸の過剰摂取にならないか不安になられている方も多いようですが、

通常の食事で摂れる葉酸は調理の段階で成分が減ってしまう上に、
体内への吸収率が50%以下というデータがあります。

つまり葉酸サプリを大量に摂取しない限り、1000μgを超える過剰摂取にはまずなりません。

 

ざっくりまとめますと、葉酸は通常の食事では非常に摂りづらい成分である為、葉酸サプリを正しく利用して赤ちゃんのためにしっかり栄養補給をしましょうねってことです。

 

葉酸の副作用にもしっかり配慮されている人気NO.1葉酸サプリ
>>ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら