【妊活中の方へ】葉酸が不足しやすい人の生活や特徴は?

078c1f05284a057394976db731de5428_m

葉酸は妊活中の方や妊娠中の方には必要不可欠の栄養素。
それだけに通常の食事プラス妊娠サプリでしっかりと摂取していく必要がありますが、
葉酸が不足しやすくなるケースも存在します

葉酸が不足しやすくなるケースとはどういったものか、
今回はそのことについていくつか例を挙げていきます。

 

葉酸が不足しやすくなるケース

お酒などアルコールを摂取している

アルコールを大量に摂取していると、体内でアルコールを分解するときにできる『アセトアルデヒド』が葉酸の成分を壊してしまいます

妊娠中のアルコール摂取は胎児に悪影響を及ぼすため飲酒を控えている方は多いと思いますが、妊活中でも控えた方が良いということが分かります。

また、妊娠中のストレスから喫煙をされる方もいるという話も耳にしますが、胎児には悪影響なのでなるべく控えるようにしましょう。

 

食生活の乱れ

普段から野菜中心の食生活をしている方は問題ないと思いますが、野菜を摂らずにインスタント食品中心の食事や偏食がひどいと、当然葉酸不足になりがちです。

妊活中・妊娠中はできるだけ緑黄色野菜を多めに摂るようにしましょう。

 

ピル(経口避妊薬)やアスピリン(解熱鎮痛剤)を服用している

ピルやアスピリンの服用は葉酸の血中濃度を低下させる作用があります
葉酸サプリとアスピリンを両方服用する場合は、
朝は妊娠サプリ、夜はアスピリンという風に時間を空けるなど工夫が必要かと思います。

 

薬剤等による治療

使用する薬によっては葉酸の吸収や血中濃度に影響を及ぼすものもあるようです。
・抗炎症薬(スルファサラジン)
・抗生物質(クロラムフェニール)
・抗てんかん薬(フェニトイン、バルプロ酸)
・睡眠薬(バルビツール)
・抗がん剤(メトトレキサート)
など。

 

まとめ

普段はあまり気にしていないことでも妊活中や妊娠中においての葉酸不足は胎児の成長だけでなく、母体にも大きな影響を及ぼします。

上記のケースに当てはまるような方は特に意識して葉酸を摂取することをオススメします
くれぐれも葉酸摂取量の上限を超えて過剰摂取にならないように注意しましょう。

 

1日に必要な葉酸+摂っておきたい栄養素を気軽に摂取!
ベルタ葉酸サプリの購入はこちら

 

 

コメントを残す