【妊婦さん必見!】妊娠中の鉄分摂取の効果と重要性

387c8ef531311f3a0e779191a7b24ba9_m

妊娠中は鉄分の消費が激しい時期。
今回は鉄分が不足することによって起こる症状や鉄分の重要性やどの食品を摂れば鉄分が効率よく摂取できるかなど説明していきます。

 

妊娠中は貧血が起こりやすい?!その理由

妊娠中は貧血が起こりやすく、『妊娠貧血』とも呼ばれています。
妊婦さんが貧血を起こしやすい理由として鉄分不足が挙げられます。

鉄分は赤血球の中のヘモグロビンの主成分であり、
ヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役目を担っています。

通常、体内には鉄分の貯蔵場所(肝臓、骨髄、脾臓)があり、
体内の鉄分が不足すると、この貯蔵場所から放出されてヘモグロビンの素になります。
その貯蔵分も使い切ってしまうことで貧血の症状が起きます。

簡単な流れとしては、
鉄分不足によりヘモグロビンの量が減る。
全身に酸素が行き渡らなくなる。
心臓が酸素不足を補おうと必至に働く。
動悸や息切れ、めまいなどを引き起こす。
といったものになります。

妊娠時は優先して胎児へ鉄分が運ばれ続けます。
特に妊娠後期には送られる血液の量は増えますが、
体内のヘモグロビンの量は変わりません。
そのため血液が薄くなって貧血が起こりやすくなります。

妊婦さんの3~4割は鉄欠乏性貧血(妊娠貧血)になるというデータもあるほどです。

 

鉄分不足による母体と胎児への影響

妊娠中の貧血は、重度になると出産時に胎盤剥離部の出血が止まらない『弛緩出血』を起こしたり、母体の抵抗力が低くなり産褥熱(さんじょくねつ)にかかりやすくなるといわれています。

さらに胎児に送られる酸素が足りなくなるため、胎児の成長に影響を及ぼします。そのため未熟児や虚弱児になってしまうこともあります。

 

妊婦さんの貧血を予防するために必要な鉄分を効率的に摂取できる食品

1日に必要な鉄分の摂取量は、
妊娠前(通常時)で12mg
妊娠時で1.7倍の20mg が必要です。

普段から鉄分を多く含んだ食品を取り入れる必要があります。

鉄分を多く含む食品

・豚レバー100g…鉄分約13mg

・鶏レバー100g…鉄分約9mg

・牛レバー100g…鉄分約4mg

・乾燥ひじき100g…鉄分約6.2mg

・あさり(水煮・缶詰)100g…鉄分約37.8mg

・カツオ・生100g…鉄分約1.9mg

・小松菜(茹)100g…鉄分約2.1mg

・がんもどき100g…鉄分約3.6mg

・納豆100g…鉄分約3.3mg

・もめん豆腐100g…鉄分約0.9mg

・枝豆(茹)100g…鉄分約2.5mg

※ヘルスケア大学の鉄分が多く含まれる食品参照

鉄分の体内への吸収率はほかの栄養素と比べ低く、
レバーなどの動植物食品は約23%
緑黄色野菜やひじきなどは約5%
となっています。

植物性食品の場合はビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ることで
鉄分の吸収率が上がるので上手に活用したいところですね。

 

鉄分の過剰摂取による身体への影響

鉄分は葉酸と同じく通常の食事では吸収率が低いため、
過剰摂取になることはなかなかないと思いますが、
サプリメントのように栄養素を簡単に摂取できるもので大量に摂取し続けると肝機能障害を引き起こす可能性もあります。

1日に必要な摂取量(上限40mg)はしっかり守って
健康な妊娠生活を送れるようにしましょう。

 

妊活中から妊婦さんに必要な栄養素をトータルでサポート!
ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

 

コメントを残す