効果的な葉酸の摂取方法!食事+サプリメントを活用!

8860c2ec470af14e55dab8eb07151461_m

妊活中・妊娠中に必要不可欠な葉酸。
1日に必要な葉酸の摂取量は妊娠前で240μg、妊娠時になると480μgが必要になります。

胎児の神経管閉鎖障害のリスクを避ける為に、厚生労働省は
「妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の間は、食事の他にサプリメントまたは強化食品で1日400μgの葉酸を摂るのが望ましい」としています。

ここでは通常の食事で葉酸を摂る場合と、サプリメントで葉酸を摂る場合の効果的な摂取方法を説明します。

 

通常の食品から葉酸を摂取する場合

緑黄色野菜や果物、レバーなどに葉酸は多く含まれていますが、
性質上『熱に弱く水に溶けやすい』といわれているので、
生で食べられるものはなるべくそのままで食べるようにしましょう。

また、水に溶けやすい性質を利用して、スープや煮込み料理として調理するのもオススメです。

通常の野菜などから摂取(吸収)できる葉酸の量はかなり低いので、
なるべく成分を逃がさないように工夫することが必要です。

 

葉酸サプリメントなどで葉酸を摂取する場合

葉酸サプリメントは1日に必要な摂取量が含まれているものがほとんどなので、商品ごとに記載されている用量をきちんと守ることが重要です。

葉酸のような水溶性ビタミンは不要な分は尿で排出されるとはいえ、
過剰に摂取し続けるとさまざまな副作用の症状が出る事もあるので注意が必要です。

1日における葉酸の摂取量上限

20代 900μg
30代 1000μg

 

葉酸サプリメントを賢く利用することで必要な栄養を簡単に補える

通常の食事ではなかなか補えないといわれている葉酸ですが、
サプリメントを上手に活用することで他の栄養素もしっかりと摂れる利点があります。

葉酸は妊娠前からの身体作りにも重要な役割があり、
特に妊娠初期(妊娠7週目まで)には欠かせない栄養素なので、
妊娠計画中の夫婦さんは一緒に摂取することをオススメします。

 

夫婦で一緒に摂れる妊娠サプリの太鼓判!
ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

 

 

コメントを残す